2005年09月22日

解剖

今日は生命科学の授業で、マウスの解剖を行った。

勉強のためとは言え生命を奪う事にかわりは無いので、

授業開始直後に、マウスに敬意を払って1分間の黙とうを行いました。

目の前にマウス置かれると、泣きだす子も数人いて、中には号泣

しゃっくりやら鼻水やらが止まらずに解剖を辞退する子もいました。

解剖が始まってみると、みんな最初こそおそるおそるだったが、

腹をくくったのかだんだん大胆になっていき、スムーズに解剖する事ができました。ひらめき

人間と同じような内臓のつくりだったのでものすごく勉強になりました。ぴかぴか(新しい)

今回の解剖で、解剖学の知識はもちろん、学生生活であまり実感できない

生命の大切さを感じられ、かわいそうと言う感情とともに

ありがとうという感謝の念も湧いてきました。ダッシュ(走り出すさま)

余談ですが、1クラス40人分のマウスを注文したのですが、

2匹サービスで42匹のマウスがいました。

サービスって・・・・なんだかなぁたらーっ(汗)


posted by たくや at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7197160

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。