2005年09月16日

慰霊祭

今日は解剖献体者の慰霊祭が学校で行われ、

学校を代表して一年生40人が出席した。

献体とは「自分の死後、遺体を医学の

教育と研究のために役立てたい」


とお考えの方が自分の遺体を大学などの研究機関に提供することです。

優秀な医学者の育成や難病の解明

自らの体を捧げ貢献された方々に敬意を払い、

心からのご冥福をお祈りします。かわいい
posted by たくや at 16:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どひゃーー。看護・医学部ならではですね!
Posted by 星子 at 2005年09月17日 02:43
私も、看護学生です。
つい先日、同じように解剖学の授業で臨床講義を受けてきました。
始めは、ちょっと怖いなんて思ってしまっていましたが、こんな機会めったにないし、せっかく私達のために体を提供してくださった方に失礼だと思うようになりました。
だから、精一杯勉強してきたつもりです。
この講義はとてもためになる講義ですね。
Posted by コロ助 at 2005年09月17日 06:42
おはようございます、星子さん。今回は慰霊祭のみで、また来年位に実際の解剖に立ち会わせていただく予定です。
Posted by たくや at 2005年09月17日 10:06
はじめまして、コロ助さん。僕はまだ、実際に解剖に立ち会ったわけではないのですが、参加するところを想像すると身が引き締まる思いです。
Posted by たくや at 2005年09月17日 10:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6988116

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。