2005年09月07日

家族社会学

家族社会学と言う授業で本

夫婦が配偶者を亡くした後の寿命の統計に

ついて話を聞きました。正確な数字は忘れましたが、女性が旦那さんを亡くした後は

普通に平均寿命まで生きて天寿を全うするが、いい気分(温泉)

男性が奥さんを先に亡くした場合は2,3年で死んでしまうことも少なくないらしい。バッド(下向き矢印)

男性は大黒柱となり外で働いて家族を養い、たくましいイメージ

時代錯誤かもしれませんが)もなきにしもあらずでしたが、

こう言う統計を見るとやはり女性の方が強くて

たくましいなぁと改めて思いしらされます。ひらめき

僕も早くたくましい女性をつかまえて(つかまえられて?)かわいい

尻に敷かれつつ明るい家庭を築きたいです。わーい(嬉しい顔)
posted by たくや at 17:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 一般基礎分野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに片割れがなくなって、つづけて後を追うようになくなる夫婦って結構多いんですよね・・・自殺とかでもなくて・・・。なんででしょうか・・・。私は旦那より先にいきたいです。寂しがりやにはきついです( ̄ー ̄;
Posted by ゆめのん at 2005年09月08日 01:09
こんにちは、ゆめのんさん。ですよね。長年連れ添った伴侶に先立たれる程悲しいことは滅多に無いですよね。僕は男なので先立つ確率が高くて、うれしい(?)です。
Posted by たくや at 2005年09月08日 16:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。